ここから本文です

>>759

ここで、是川さんの思い出を少し。。。家貧しく、小学校を出て、すぐ貿易商社へ丁稚奉公に出る。貿易商を志、英国行きの船に乗るが中国に着いた処で第一次世界大戦が勃発!中国で下船し、現地の日本軍の御用商人となり財を成す。朝鮮半島に渡り従業員、1万人規模の是川製鉄所を設立、この頃。朝鮮総督の小磯国昭と知り合う。小磯が、総理大臣になった時、小磯内閣へ入閣を要請されるが断る。日本の敗戦に依って拘束され死刑を求刑されるが朝鮮人を差別する事なく使った事で助命嘆願運動が起こり、釈放。日本へ帰る。この後の事はあまりにも有名で株で日本一の金持ちになった偉い人。