IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

取締役の忠実義務違反は明白

資金調達が必要ならば法律に沿ってライツイシューを実施すれば良い。
今回はライツイシューにすると既存株主の創業家の議決権が希薄化しないため無理筋の公募となった。

これは取締役の忠実義務に違反する、公募増資の必要性がないので裁判所で公募が認められる可能性は低い。

不法行為を行った取締役を解任したあとで、株主割当増資を行うべきである。