IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

単に資金調達が必要ならば株主割当増資を行えば良かったのではないか?
経営に批判的な大株主の権利を希釈する目的があることは明白である。

出光は株主割当増資を行わない理由を、時間的な制約があるためと言い訳しました。
しかし銀行借入の返済や投資資金が目的なので、計画的に株主割当増資を行うことは可能だったはず。
過去に株主割当増資を取締役会が検討した痕跡すら認められないのでは?

出光取締役会は会社法て定められた忠実義務に違反している。