IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>999

千葉県災害被災者の心情を逆なでする様な災害悪用株価操作!

千葉県全域に大停電被害を及ぼした今年の台風15号(9月9日千葉市付近上陸)
及び 台風19号(10月12日伊豆半島上陸)は 昨年の台風24号(和歌山県田辺市付近上陸)より袖ヶ浦地区への影響は遥かに強かったと思うのだが、被害第一報発表の異常な遅さが昨年同様なら いつまでも富士石油株主の不安の種はつきない。
== 被害第一報突然発表不安解消しなければ株価も当分上がらない ==

== 今年は台風15号や台風19号による台風被害や停電被害は発生してないというのであれば 昨年の台風24号による停電大損害は一体何だったのかと言う事になる===

昨年の台風24号の 会社正式発表で結果的に台風停電損害額を最大約17倍も過剰発表=2月13日の 四半期報告書では、特別損失(災害による損失 116百万円)と記載= していたとすれば (結果的には限りなく虚偽に近い超過剰損害額予想発表で株価暴落し大損した株主も多数いるわけだから、もちろん反対に儲けた輩もいる )関電なみに 富士石油トップが引責辞任すべき由々しき不祥事と思うが???

==昨年は大発会最高値655円前後のノルウェー年金基金高値売り逃げ疑惑==

概算20億円の昨年11月8日の発表も、本年2月13日の116百万円の発表も
双方共にどちらも正しい損害額発表ですとは東証一部上場企業の品位にかけても絶対に言えぬ筈。   ==どちらの数字が嘘なのか?== 
会社四季報2019年2集(3月15日発売)では、”10月の台風による製油所停電事故の影響大”との記事がある。概算20億円の損害予想が1.16億円で済んだのに ”影響大” とは摩訶不思議? 実際の損害は、富士石油が誇ってきたユリカ装置で事故対応に1カ月以上当たってきた富士石油社員には分かっている筈?

あまりに露骨な限りなく黒に近い虚偽発表での株価操作に警告も東証退場勧告も出さぬ証券取引等監視委員会は一体全体何を監視してるのか???