ここから本文です

アップ
北興化学のアルツハイマー病のエピトープペプチド(ワクチン成分)開発状況と投信保有比率の関連が推察出来る。

ダイズ種子による医療用ワクチン成分の生産技術開発および実証研究(北興化学)
第2回 密閉型植物工場を活用した遺伝子組換え植物ものづくり実証研究開発終了時評価検討会  平成29年(2017)1月 終了時報告 資料2 *

株主分布(%)推移
(所有別)2018.11 2018.5 2017.11 2017.5 * 2016.11
投信   5.40   5.00   3.50  3.20 * 1.50
外国人 11.20   12.40  10.90  8.80 * 6.80 

投信の16/11は1.5% 17/1終了時報告出て 17/5は3.2% 17/11は3.5% 18/5は5.0% 18/11は5.4%となった。
外人は
16/11は6.80% 17/1終了時報告出て 17/5は8.8% 17/11は10.9% 18/5は12.4% 18/11は11.2%となった。米中報復合戦の影響による外人大幅売り越しの波で1.2%減だが、17/11の10.9%を維持している。

株主確定の11月末以降どうしているか? 
 
12/28大幅上方修正 1/11決算@108.69と今期予想@101.54としており、
投信・外人とも安値圏での買増しの可能性は大と想定している。

野村投信は増やしていた。
ちなみに、大量保有報告より野村アセットマネジメント(野村投信)は
2018/12/20 1.43%  428,000株に
株主分布集計以降の権利落ち11/28(@553)~12/20(@467)の間で13,000株増やしており、12/21以後も安いところでの買増しを推察している。

肝心の、研究実証中の弘前大学では
2018年10月12日に札幌市教育文化会館で行われた第37回日本認知症学会学術集会で瓦林准教授が 組み換えダイズ蛋白によるアルツハイマー病経口免疫療法の開発 の発表を行いました.とあり、順調と想定している。
なお3ヵ年経営計画の業務・資本提携は11月までと思われるが、いつ?どことか?

最近では、5/31現在で三井住友DSアセットマネジメントが1,107,700株まで買増したようだ。2018.11の投信比率 5.40%をどこまで伸ばしているか?