IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
  • >>185

    昨日、東洋ドライルーブより、株主に対し中間配当増額の吉報が到着。
    会社は、中間配当のお知らせとして、2019年12月13日開催の取締役会において、
    2019年7月~2020年6月末までの剰余金について、株主の日頃のご支援にお応えするとして、2019年8月に知らせがあった今期予想中間配当(1株につき19円)を修正し、1株につき20円と増額修正した。効力発生日並びに支払い開始は2020年3月9日。
    他社の中には、株価は高くとも内部留保を充実させる等を言い訳に、無配会社が闊歩する中、堅実運営の東洋は、一株配当推移は、2018年6月期、38.0 円 、2019年6月期、39円、2020年6月期、40円と、年々地道な成果を出し、株主を大事にする会社の姿勢に心意気を感じる。
    投稿181で指摘しているが、先週末迄、多分掲示板を見ないと思われる株主は、会社の実態を把握せぬまま、買い方が折角上昇気流に乗せようと買いを入れてくれている中、相も変わらず時価よりも低い値段で小口の売りを出していたが、それも収まることでしょう。