ここから本文です

会社のビジネスや業績にしっかりと向き合うことなく、株価だけを見て一喜一憂し、売買判断している方々が「ホルダー」の大半であるうちは厳しいでしょう。