ここから本文です

・投稿「133」「142」の賛同をいただき感謝いたします。
・ホルダーの皆さんは現状をよく考えてみて下さい。
・ホルダーの皆さんは、全員が本年を反発の年にしたいと願うのは当然だと思います。
・何故ならば、株価は昨年1月から12月までの約1年間に、3分の1まで下落したためです。
・株価を上げるのは、新規参入の方の買いと、ホルダーによる買い増しですが、
 株価を下げるのはホルダーの売りしかありません。
・先週末(1月11日・金)の売買を見てホルダーの皆さんはどのように思われましたか、こんなことでいいのですか。
・株価を上昇気流に乗せようと、積極的に買いを入れてきた中、売買高が少ないところへ、冷や水をかけるような売りを闇からかけられて冷えるのは当然です。
・具体的に述べますと、同日、売買高が少ない中、前日比より50円高で寄り付き後、「気配板」の「売り板」に出ていた高値の売り注文を、積極的に買い付けされた方によって149円高をつけた後、後場からは一転、気配板に出ていない売り注文が闇からパラパラと出た結果、僅か前日比1円高の「ていたらく」となりました。
・このことは、投稿「133」「142」を賛同、理解されたホルダーの方の売りではなく、掲示板を知らない方の売りであったものか残念です。
・また、売りたいのであれば、最初から「気配板」に出せばよいものを、少し上げた段階で気配板に出てない売りがでるのはいかがなものか、このことは別の方の投稿「113」「116」の意見にも出ています。
・結論は、1年間続いた下げの悪循環が、昨年末から徐々に反発の流れが出はじめてきましたので、投稿「125」の方の意見もあり、株価が上昇気流に乗って売買高が膨らんだ時に処分等を検討されてはいかがでしょうか。
・とにかく今年を反発の年にするのはホルダーの方々の使命と思います