IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>40

2015年の蓮の葉フィルム以来となる新製品ニュースリリースとなるのでしょうか?。久々の発表では。
綜研化学は他社との共同開発とかで守秘義務とかの関係で新製品情報とか気軽に発表できない場合が多いというのもあるのでしょうが久々の新製品発表。
まあ収益貢献は1年後2年後3年後以降になるかもしれませんが、蓮の葉フィルムよりかは売れる可能性高いのでは。
2016年春頃から、自動車業界メディアに防滴サイドミラー記事を載せたり自動車業界に拡販を狙った蓮の葉フィルムが印象的なナノインプリントですが耐久性面とか色々あって2019年度に事業化中断。
今回の自動車加飾フィルム用の粘着剤は耐久性が優れている点や伸びている分野への製品投入という点で期待できるかな。

mmaモノマー市況高騰の製品価格への転嫁のズレから収益の伸び悩みは有るにしても、新規分野や新商品の売り上げを伸ばして成長していってほしい。