IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>942

昔と比べて相互依存性が高まっているし、米国と微妙な状態な中、反日を行って日米の結束が強まるより日本を懐柔し米国との距離を取らせたいという思惑もあるし、米国が中国製品に厳しい態度とる中、米国以外の輸出先の反感を買うと中国自体の経済がダメになるのでうかつなことはしないと思いますが、いろんなケースを考えるのは悪くないですね。
日本は新型コロナで中国ともめるどころでない。ここまで感染者増えてるのにワクチン入手遅い。万一に備えて中国ワクチンの治験ぐらいしても・・。
いざとなれば中国からもというカードがあれば欧州からのワクチン輸入交渉も多少は優位に・・・国産ワクチン早く製品化されたら良いのに。
綜研化学もワクチン接種にほんの少し貢献している?、絆創膏用粘着剤作ってるから。

万が一、反日が起きた時の株価反応はどうかはわかりませんが、
過去の反日のあった年の業績は、両方とも前後の年より良い。
最終製品作っているわけでないし販売先が現地企業ということもあるので悪影響受けにくいのは道理ですが両方とも業績が良くなったのは危機に打ち勝つため一生懸命になるから?。

2005年の中国における反日活動
決算期   EPS  配当
2005年3月期 115.13  18
2006年3月期 220.24  25
2007年3月期 192.11  27

2012年の中国における反日活動
決算期   EPS  配当
2012年3月期 48.47  35
2013年3月期 116.79  35
2014年3月期 110.30  35