IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

4月あたりから波打ちながらも直線的な上昇。6月、8月、11月と13週移動平均あたりで反発している。最近の下げも直線的で13週移動平均と最近の下げのトレンドラインの交わるところは12月半ばで1600円ぐらいか。
そのころは、四季報も発売されるので上方修正を受けて明るい内容なっているなら売り圧力は弱まる。テレワークやオリンピックでテレビ買い替え特需とかというのに絡む銘柄として来年に化ける銘柄とかに取り上げられたりする期待はあるけど、今のアフターコロナな状態だと証券会社支店セミナーとか中止状態だろうからどうなんだろ?
最近多少調整中とはいっても今年買った人は大部分が含み益なので年末に向けての節税売り圧力はたいしたことない。
第3波だの感染拡大だのの影響でジャスダック平均が弱含むと引っ張られるのはしょうがない。でも新型コロナ猛威でテレワークが広まる思惑で騰がって、ワクチン進展でテレワークへの期待値低下で売られたんなら、新型コロナ猛威で再度騰がらないと道理に合わないと思う。