ここから本文です

日本では、日本国内の販売はディスプレイ向けを中心に伸長し、東南アジアや韓国向けでは電子基板向けが
順調に推移いたしました。
その結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は12億39百万円(前年同一期間比12.2%増)、セグメント利
益は2億88百万円(前年同一期間比46.1%増)となりました。