ここから本文です

修正と追記です。
以下長文です。

先の私の書き込みで、『2月に下方修正を出した時からわかっていたはず』と書きましたが、実際はもっと前…具体的には、上半期が終わった9月末時点で、わかっていたと思います。

アイビー化粧品は、年間スケジュール的に、下半期の売上が上半期を上回ることはほとんどなく、あったとしてもほんの僅か上回る程度です。
また上半期の営業所増設と新規増客の実績、販売会社の売り上げや在庫の状況などから、かなり正確に下半期の売上も予測できるはずです。

なので、上半期が終わった時点で、年間の実績はほぼ予測できていたはずです。
実際、私の過去の書き込みで50~55億と予測していますが、その通りになりました。
ただの愛用者である私が、決算短信や報告書を読んだだけで予測できるのですから、会社が予測できないはずありません。
もっと言うと、今期がスタートした昨年4月には実現不可能な計画だとわかっていたのだと思います。

つまり、今期スタート時点から、無茶な計画を実現不可能と知りながら発信し、何度も本当のことを知らせる機会がありながら嘘をつき続け、最後にどうしようもなくなってやっと白状した。ということです。

しかも、赤字になるというのに配当は出すとのこと。
これは紛れもなく創業家と個人大株主に向けたものでしょう。
経営陣にとって、この度重なる大幅な下方修正や赤字転落から、今後どのように業績を回復させて、株主や社会の信頼を取り戻すか…ということより、創業家と個人大株主の顔色を伺う方が大事なのだと思います。

これで『愛と美と豊かさの実践と追求』を企業理念とするのですから笑わせます。
これほど不誠実で嘘つきな上場企業はなかなかないと思います。