ここから本文です

>>337

俺も分かりやすくするのに「中国売上を今の3千億円から倍増って計画自体どうなのよ?」とか書くけどさ。
本当はロレアルや資生堂の売上倍増計画にとって、中国の経済成長は重要ではないよ。

中国は平均年収で言えば100万円。
ところが人口が日本の10倍以上いる。
ブランドを買えるヤツの頭数ってのが、日本の2〜3倍、米国に近い数が既にいるんだよ。
そして中国製品に彼らの購買欲を満たす製品がない。

金はあるのに、周りと同じ中国車に乗ってユニクロもどきを着て満足しねーのが人間だからな。
彼らの消費を取り込もうってのが、ヴィトンやロレアル、資生堂の立場。

つまり今後の中国で、仮に経済成長がゼロでも、現状の富裕層を取り込めば倍増までは可能だし
逆に二桁成長が10年続いたところで、一般労働者にとって資生堂なんて高嶺の花のまま。
年収100万のヤツが200万円だのになったところで、ブランド品を買えはしないからな。

ロレアルも資生堂も、中国には15億人がいるから倍にはなるんじゃね?なんてアホな見込みで計画してねーよ。
良くも悪くも、せいぜい倍増で頭打ちって前提で、何よりそれを理解してんのは証券屋。

俺は個人投資家じゃなく、証券屋との勝負をしてる気でやってんのよ。