ここから本文です

>>858

1Q決算開示資料を見てみたら、4月のトレードで中国売上高+30%超と確かにでてましたね。
食欲と性欲は普遍です。
異性の為に必ず化粧はします。
むしろ節約してでも高級品を使うのではないのですか。
アルゴのコマンドが一般消費財となっているので他のものと同じように走ってしまったんでしょう。
機械処理で下げすぎだというのは明らかなので明日は戻るでしょう。

  • >>885

    >Q) 4 月の速報値を見ると、どの地域も1Q 実績より成長が加速しているようだがなぜか。
    A) 日本事業では、インバウンド売上が伸びている。4 月は一般インバウンドの伸びが加速し、バイヤー売上の伸びはマイナスであるものの1Q と比較すると回復してきている。中国は、1Q のマーケティング投資強化の効果により成長モメンタムがさらに加速している。トラベルリテールは、1Q は店頭売上が+20%超だったが、在庫調整等により出荷は+9%だった。4 月の出荷は+20%超であり、店頭と出荷のバランスが取れてきている。

    ○ttps://www.shiseidogroup.jp/ir/pdf/ir20190514_621.pdf

    「アナリスト・機関投資家との質疑応答」でも、4月の「速報値」による好調が確認できます。。。

    きょうは、「中国の4月の小売売上高」の項目別の当落を調べもしない、機械アルゴの誤った指定で売られただけで、実績は昨年を大きく上回っています。。。だからこその大和の目標株価引き上げだと思います。。。