ここから本文です

>>750

4月の中国の小売売上高の伸びが鈍化したのは、事実です。。。ただ、そのNEWSの記事にあるように、

>内訳を見ると、全体の伸び率を上回ったのは飲食、消費財、薬品などであり、足を引っ張っているのは依然自動車である。自動車売上げは減税措置の撤廃、不動産支出による圧迫、オートローン引締めなど複数のネガティブ要因が続いており、前年比二桁減が続いている。

実際に下げているのは、自動車などの高級品であって、逆に、「飲食、消費財、薬品」は、全体の伸びを上回る上昇をしています。。。これは、自動車などの高級品から、生活必需品などに消費がシフトしていることをしめすわけです。。。

じゃぁ、4月の化粧品は?というと、資生堂の資料の「4月速報値」で、

中国:売上⾼+30%超

と、昨年の4月に比べて、+30%も伸びているわけです。。。つまり、化粧品は「生活必需品」であって、「飲食、消費財、薬品」と同じトレンドを持っていたわけです。。。

過去にウォールマートが業績を伸ばしたのと、同じ理屈ですね。。。

明日は、きょうのパニック売りの反動で、上昇をしてくれることを期待しています。。。

4911 - (株)資生堂 4月の中国の小売売上高の伸びが鈍化したのは、事実です。。。ただ、そのNEWSの記事にあるように、