ここから本文です

>>43

>化粧品業界の研究費はコストの2%に過ぎないし、広告費は比率こそ大きいがQで偏るようには思えないかんな~。

資生堂は国内の同業者に比べて、広告宣伝費が大きいことで知られています。。。あと、化粧品は夏向け(つまり、夏前におこなうCM=2Q)と冬向け(冬前におこなうCM=4Q)が、四半期ごとでいえば、広告宣伝費が一番かかる時期なのも確かでしょう。。。

ただ、これだけで、あのコストの変動を説明するのは理由不足に思っています。。。その他のコストがどうして、偏るのかは、わたしにも、いまだにわかりません( ̄~ ̄;)

tamさんがおっしゃっていたように、春節や国慶節でバカ売れしているだけなら、その四半期に売り上げが伸びるだけで、やはり、資生堂の利益の変動の要因は、コスト側になにか理由があるというのは、わたしも同意見です。。。