IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>430

催奇形性の排除は、子供を持とうとする人の命あっての話である。
この点、アビガンの影響が体から完全に排泄されるのを待てばよい。
50歳以上は出産の考慮は不要で、専ら生命維持を目的として用いることが可能である。
すべて熟知されていることをあえて記したが、アビガンを用いる各国で誤使用されることを心配する必要は全くないであろう。