ここから本文です

>>279


エボラ出血熱 ギニア帰りの静岡の男性、検査へ

産経新聞 7月1日(水)12時56分配信





.


 西アフリカで流行が続くエボラ出血熱で、ギニアから帰国した静岡県の男性が1日、エボラ出血熱の疑いで県内の医療機関に運ばれたことが県などへの取材で分かった。男性には発熱などの症状があるが、現地で患者との接触はないという。男性の血液は国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)に運ばれ、感染を調べる検査が行われる。

 厚生労働省によると、国内でエボラ熱感染が疑われる患者が出たのは8人目だが、これまでに感染が確定した患者はいない。