ここから本文です

一喜一憂せず、いきましょう。
このニュースは再生医療に手を出した時から予想出来たことです。ipsで単に儲けようという企業ではなく、病気で苦しむ人の役に立つ企業になってもらいたい。
ips細胞の治療を安価で普及させるのがこの会社の使命だと思います。
ここからが本当の勝負の始まりですね。
今後も応援してます。