ここから本文です

>>205

追加情報の第四 (仕上げ?)弾です.

スクショは,今まで同様,4ヶ月前の 11月15日付小ドスンにおける FF HD関連銘柄 (古森親分が投資した成長期待銘柄^_^)の株価を100%とした値動きであり,都合 3回の大ドスンを経ても尚,ここ FF HDは NK平均の連れ安誤差範囲内に留まる一方,古森親分の選別銘柄は何れも NK平均よりも上にある事 (スクショ参照)が分かります.

具体的には,医療データの MDVが 2倍以上,のみならず,ペット向け最新医療 (その実,ヒトの前段階治験?)のアニコム HDは三割以上の UP,株価的に一番出遅れてた再生医療の J-TECも二割の UP,そして今,テーラーメイドの癌免疫治療薬 ITK-1委託先 BPBioがこの3月で治験第三相を終えると言う事で,全銘柄が ageageモードへ移行しており,そろそろ S高連チャン鴨… と大いに期待虫^_^

古森親分の事業選別眼を信じられない人 (特に Xerox M&A懸念カキコ虫)は,サッサと FF HD株を売っ払うなり,バンバン空売りして一勝負するなりし,自ポジ優先の根拠データなし (=風説)カキコで他人 (特に株初心者)を惑わすなと言い隊 外爺より.

4901 - 富士フイルムホールディングス(株) 追加情報の第四 (仕上げ?)弾です.  スクショは,今まで同様,4ヶ月前の 11月15日付小ドスンに