IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>227

>アビガンのジェネリックは、もうどこかが手を回して個人輸入ができないので、イベルメクチンを購入しようと思ったが、なかなか入手できません‼️
>
>どこの輸入サイトでも似たような感じ?

補足させて頂くと、日本人向けの個人輸入の代行店のうち、「欧州屋」さんは、4月からアビガン後発薬の取り扱いを再開するとのことです:

(以下、引用)
各位
お世話になっております。
大変長らくお待たせを致しました。
ファビフルの入荷につきまして、急な規制のためインドから輸出禁止となっておりましたが、仕入れルートの開拓により4月より順次商品が手配できる状態になりました。
入手を急がれるお客様にはご迷惑をおかけしておりますが、もうしばらくお待ち頂けますと幸いでございます。ご理解の程よろしくお願いします。
欧州屋カスタマーサポート
(引用、ここまで)


アビガンの話題を書き込むとすぐに出される「アビガンの話題はもういい」的なコメントも理解できないわけではないのですが、アビガン後発薬の日本での個人輸入が爆発的に進めば、富士フイルムHDはアビガンから開放される、というより、アビガンが富士フHDの囲い込みから開放され、日本人が自由に使えるようになります。

現状では、入院後に運良く藤田医大の観察研究に参加している医療機関に当たって、アビガンを投与されるとしても、投与時期が遅く、投与量もEC50値から推定されたエボラ用途と同程度の量の半分未満しか与えられません。

日本でのアビガン個人輸入の爆発的な普及によって、投与時期も投与量も自分で制御できて、事実上、富士フイルムとアビガンとを分離させることができるのです。

こうした状況が到来するのかどうかということは、この企業の株価や企業戦略の分析に関心のあるひとにとっては、無視できない動きなのではないでしょうか。