IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

「アビガン抹殺部隊」のマスメディア担当係の忽那賢志が、また性懲りも無く、空虚な戯言を垂れ流して、国民の関心を誤誘導しています。

構造が不安定で、変異しやすい性質をもつRNAウイルスである新型コロナには、そもそも、「ワクチン」などというものを検討すること自体論外であり、あくまでも「治療薬」のみを考えるべきであることは、感染症医療の基本であったはずです。それが証拠に、新型コロナウイルスと構造的に非常に類似しているSARSウイルスに対して、ワクチンは十数年経過した現在でも、開発に一切成功していません。

ワクチンをめぐる要点は3つあり、(1) 「抗体依存性感染増強(ADE)」を起こして、ワクチン接種が原因となって重症化や死亡を招く危険性が高い、(2) ナガレース(ナガラーゼ、Nagalase)が添加されており、体内のビタミンDの生成が阻害され、不妊、自閉症、ウイルス感染症、その他の様々な病気を招く危険性が高い、(3) アビガンという治療薬の承認、普及が妨害され、コロナ禍が意図的に長引かされることで、若年層の婚姻数が激減し、出生数が激減している。(過去最低を記録)

(1)、(2)、(3) に共通している帰結は、「人口削減」です。そして、これら全てを解決できるのが「アビガン」なのです。