IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

(CNN) 国連児童基金(ユニセフ)は1日、アフリカ中部のコンゴ民主共和国(旧ザイール)でエボラ出血熱の感染者が新たに9人確認され、このうち5人が死亡したことを明らかにした。

死者5人の中には15歳の少女が含まれていた。
治療中の4人は北西部・赤道州の州都ムバンダカにある病院の隔離病棟に収容されている。
いずれも死者と接触があり、1人は死亡した患者の子どもだという。

同国ではエボラ熱に加え、新型コロナウイルスの感染者3195人、死者72人が報告されている。
さらに深刻なのが昨年から続くはしかの流行で、感染者は37万人、死者は6779人に上っている。

アビガンは、エボラ熱、新型コロナウイルス、はしか
全部に効きます