IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

【すべてはメンツと利権死守。アビガンを厚労省がすぐ承認できぬ闇】(MAG2 NEWS)
以下、goo ニュース(2020/06/02)より一部を引用⑤
 ↓
⑤なぜ日本の新薬承認は遅いのか?

なぜ厚労省は、このような嫌がらせのようなことをし、国民全体の被害を大きくしているのでしょうか?それは厚労省の権力を誇示するためです。そして関係業界などをひれ伏せさせ、天下りなど様々な利益供与を受けるためなのです。

日本の医療機器や新薬の承認は、諸外国に比べて非常に遅いということがよく指摘されます。日本の新薬承認が遅い最大の理由は、厚労省がその権威を見せつけるためにもったいぶっているからなのです。

許認可というのは、日本の省庁にとってもっとも重要な権限だといえます。そして新薬の承認というのは、厚生労働省の中でもその権威の源泉です。製薬業界、医療界全体に睨みを利かせ、天下り先を確保するためのもっとも重要な武器なのです。……引用⑥へ続く