ここから本文です

副社長を辞任したのはタイミングで、皆さんが仰っているようにお役御免の一面もあるのかもしれませんね。社長の事はそこまで信じられなくても、岡島氏が大株主になったという事実は、もっとポジティブに捉えられても良いのではと個人的には思います。