ここから本文です
Yahoo!ファイナンス
投稿一覧に戻る

メディシノバ【4875】の掲示板 2024/05/19〜2024/06/17

最近のALS治療薬の動向。下記3物質いずれもドラッグリポジショニング。
①高用量メチルコバラミン(日本で承認申請中。作用機序は神経保護作用、軸索保護作用)
②マシチニブ(ABサイエンスがP3成功。ただ、カナダでは再審査請求がやっと通り、EMAでは諮問委員会が否定的意見で、EMAも疑義ありの状況。作用機序は、ミクログリア等の活性化抑制)
③ボスチニブ(日本でP2良好な結果。作用機序は異常タンパクの凝集抑制、オートファジーにより、神経細胞死を抑制。)
一方、イブジラストは、この3物質のいいとこどりで、異常タンパクの凝集抑制、オートファジー作用、神経保護作用、ミクログリアの活性化抑制、神経栄養因子の増強で軸索の成長促進などある。これでは失敗はないような感じだが、結果は神のみぞ知る。投資は自己責任で。