ここから本文です

>>434

しかし、社長はそうかもしれんが、まだ若い松田女史は薬を作り、業界に自分の名前を刻みたいはず。そんな茶番に松田女史が長い間付き合いますかね?