IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>48394

M&Aは決算の度に可能性に言及したり、四季報にも載ってくるので期待する気持は分からなくもない。
ただ、この会社の歴史をみると、10年ちょっと前のM&Aは結果的に失敗。
整理、整理を重ね、ようやく基幹事業が固まったところだ。
利益率が回復してきたか?というところで、本社移転を実行し、ここに来てようやく収穫の時期だ。
安易なM&Aに手を出すとは思えんがね。

記念配を出すかどうかは別として、配当性向は数年間変わっていないのだから
最高益を受けて増配は確実だ。
株価が10倍になっているので、配当の旨みは相対的に低下してはいるが。

まあ収穫期には入ったばかりだから、短期は知らんが中長期ではボラ取りの旨みがあるな。
本決算までに買い増しを継続しておきたいところだ。