IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

これについては先の2部鞍替えの際に
実施されることが発表されている。
過去の株主還元策の傾向から考察すれば
いずれそれに近いものを発表してくるだろう。
ただ、欲張り過ぎ、急かし過ぎては駄目だ。
「年内に1部鞍替え」を
実際にやってのけたことを、
まずは評価すべきだろう。
次の思惑へ向かうのは、明日かもしれないし
しばらく調整を余儀なくされるのかもしれない。
ただ、ここはあまり熱くなる局面ではないだろう。
人気が無いことを嘆く銘柄ではない。
もともと出来高では、
分割前に100株に満たないことも
ざらにあった銘柄なのだから。