IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>33


○学校給食調理業務、スクールバス
 コロナ影響で給食が3月なくなったからと言っ て全く影響なし。
そもそも委託料は年間で貰ってる。自治体が最初から予算を取り入札競争や提案競争で請け負っている。契約書を見てもシダックス側の問題(食中毒や車両事故等)で調理ができなくなった訳でなく、自治体都合での休校、給食中止。
従ってむしろ委託料は通常通り貰え、従業員(特にパート)は休業扱いで6割の給料しか払わ
ないから会社としては人件費が通常よりもかからず粗利が増える。
○学童保育
今シダックスが一番力を入れて稼ぎ頭の事業。
今回、殆どの自治体が学童を通常の春休みより早く開所することにして、シダックスが運営している全国数百の学童にも要請が来た。通常は午後からの開所が朝からの1日開始になる為、人員の確保が問題になるが、シダックスは給食調理がなくなってるのでそちらの人員や他の多くの請負施設(図書館や児童館など)そちらの施設も自治体判断で休館になってるのでそれらの従業員も学童に人員応援している。

結局自治体判断で給食中止や請負施設の休館になっても委託料は通常通りもらえる契約になっており、今回もどこからも減額する話しは出ていない。
また、学童は逆に通常より早く開所したことにより、当然人員の追加、人件費がかかるので各自治体から委託料を通常より多く頂く話しになっている。
しかもシダックスに委託してる各自治体からは
まだ民間委託していない他の自治体は自治体の直営や保護者会運営で今回急に決まった休校、学童保育開所で人員の確保がでない状態なのに、シダックスは迅速に人員確保、急な学童開所時間1日運営に対応して頂き素晴らしいと評価が一層上がってるらしい。
そして今回の件でまだ多くの自治体が学童保育の運営はまだ自治体直営や保護者運営の為、民間に委託していく流れが今まで以上に加速するはず。そして民間委託する場合は近隣のすでにシ民間に委託している自治体からも情報収集するため、今回のシダックスの迅速な対応は必ず今後提案競争する上で有利なるでしょう。

従ってシダックスに関しては全くコロナの影響で業績が悪くなる心配はなくむしろチャンス。
また、シダックスはオリンピックの選手に食事提供を毎回してるけど、こちらもオリンピックが中止や延期になっても全く影響なし。
そもそもこの事業は創業者のパイプでずっと前から受託してるが、あくまでブランディングの為で実際は毎回赤字の状態。創業者のパイプがあるので止めるにやめられない事業たがら全く影響なし。