ここから本文です

2ヶ月前(4月1日)の記事ですが・・・
LINE上場は追い風のようですね。

<4819>デジタルガレージ 日本証券投資顧問 堀篤
IT関連会社を傘下に持つ持ち株会社。16年6月期第1四半期(15年7~9月)にセグメントの名称を変更し、従来の「マーケティング事業」を「マーケティングテクノロジー事業」に、「ペイメント事業」を「フィナンシャルテクノロジー事業」に、「インキュベーション事業」を「インキュベーションテクノロジー事業」にしました。

さらに、新たなセグメントとして、「メディアインキュベーション事業」を新設しました。マーケティングテクノロジー事業ではインターネットを利用した広告、プロモーション、マーケティング事業を、フィナンシャルテクノロジー事業ではEコマース(電子商取引)ビジネス等の決済物流プラットフォーム事業を、インキュベーションテクノロジー事業ではベンチャー企業への投資・育成・開発支援事業を、メディアインキュベーション事業ではこれまで培ってきたメディア開発・運営ノウハウを生かし、新規メディアの創出事業を展開しています。

各事業が順調で、14年6月期、15年6月期と続けて大幅増収増益を達成。16年6月期はセグメントの名称を変更し、新セグメントも設立したものの、引き続き各事業が順調に推移しています。今後もEコマースやインターネットを利用したマーケティングの拡大が予想される他、投資環境の好転からインキュベーション事業の好調も見込まれ、好業績の継続が期待されます。

また、現市場での大きなテーマの『フィンテック』関連、『LINE』関連に大きなテーマもあります。同社の「フィナンシャルテクノロジー事業」はフィンテック関連、「ペイメント事業」はLINE決済に関連性がある為、この先の高騰見込み非常に高い銘柄の一角。株価も値ごろ感があり、仕込むなら絶好の場面だと判断しております。