IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

今回の決済で分かった事は、
1.ソリューション事業

▪️全体の9割の売上をしめるこの事業は順調に推移していること。
▪️コロナで進んでいた案件が先延ばしになり、その分の開発費用などを先に計上したことで6200万の赤字に転落したこと。

2.エンタメ事業
▪️全体の1割の売上をしめるosk日本歌劇団は前期にプロジェクションマッピングなどを導入して売上が61.3%増になったこと

▪️コロナで公演がなくなったことで収益が急速に悪化して4300万の赤字に転落したこと

3.総括
ソリューション事業もエンタメ事業も順調に推移していたが、コロナにより案件が乗り上げたり、公演が中止となり事業が急速に悪化したとのこと。
売上が小さい割に大きな損失を計上しているエンタメ事業の今後が気になる。
一方、ソリューション事業は顔認証、地図、道路監視システム、企業RPAなど時流に乗ったシステム構築には期待が持てる。
特に道路監視システムが軌道にのると大きな飛躍になると思う

4814 - ネクストウェア(株) 今回の決済で分かった事は、 1.ソリューション事業  ▪️全体の9割の売上をしめるこの事業は順調に推