ここから本文です

オーストラリアのISP事業者も期ずれかもしれませんが、本命は別だと考えます。
オーストラリアのEscapeNet社は、一般競争入札で選ばれた同プロジェクトのサービスを
提供する企業の1社であり、設置する「OcNOS」は、業界で初めてフル機能を搭載した
White Box(ホワイトボックス)向けネットワークOSでの既存の製品であるため
IP社側に期ずれが起きるとは考え難い。
本命がアメリカのAT&T関連なら皆さん追加買いしますか。IR後では遅いですね。