ここから本文です

両方とも正しいと考えれます。
昨年の12月の発表文は以下の通り。
  NECと共同で、「VirNOS」ソフトウェアと、NECの仮想化モバイルコアネットワークソリューション「Virtualized Evolved Packet Core(vEPC)」を含むマルチベンダ環境でのNFVソリューションとの広範囲にわたる評価を行いました。これに基づき、現在、海外や日本を本拠とする複数の主要通信事業者に向けた「VirNOS」の評価を実施しております。
  以上から、今回NECに評価してもらった、「VirNOS」は日本電産も世界展開のために評価していることから、ACCESSに評価できると判断してると説明したのでは!
  あとは、電産と当社の段取りと契約と思われる。株式課は基本だけの説明でするでしょうし、開発部長はほぼ協業しますよと将来的にいうのは有りうる話だ。あとは順次会社発表があるんでしょう。電産以外もあるかもかも。。。。
  近い将来を楽しみにしたいです。           この意見で推薦したい。