ここから本文です

このボラティリティの高い展開、どこへ向かうのでしょうか。
健康に対する重要性は、だいぶ昔から認識されてきましたが、実需となる方々のじっかんにより、見込みから実態に変化しているものと思います。
オリンピックに向けた過剰な盛り上がりも、すでに無くなっていますので、配当、優待権利取りの一時的な上下以上に3月から、見えています。

現在は、さほど驚きのない決算発表と次年度計画程度の材料しかなく、毎日大きく動く理由はありません。

落ち着きましょう。