ここから本文です

ほどほどの利益で満足しておくこと。これが長く相場で生きていく上で重要になる。

利があるうちに売れれば次なる高騰株を買う「チャンス」が広がる。高騰している時は欲にかられるものだが、理性で考えること。含み益は幻想であり、売って初めて現実となる。頭では分かっているようで実行に移すのは難しいことかもしれないが、長い目で見れば株で勝ち続けるのは理性で考えられる人なのだ。

高値で売れるチャンスを逃して上がる上がると願い続けるか、次の高騰株を見つけるかは個人次第だが、儲けてる人は程々で売れる人なのだ。