ここから本文です

ソフトブレーンはクラウンジュエルをしようとしてるんではないでしょうか?
これはニッポン放送がライブドアから敵対的買収を仕掛けられた際にポニーキャニオンやフジテレビ株を売却することをほのめかした事例にあたります。
ただニッポン放送は実際に売却することしませんでした。

重要資産の処分は、取締役会議で決定できますので、クラウンジュエルの実施は経営陣の判断で行えることになります。
しかしクラウン中の実施は敵対的買収を防いだとしても、
企業価値も下がってしまうケースが多くありその獅子はもろ刃の剣となります。
企業にとって有力な資産や事業安値で売却ししまうわけですからその打撃は大きく、しわ寄せは株主に行く事になりますので、これを容易に実施すれば株主の利益に反したということで株主代表訴訟。を起こされる恐れもあります。