ここから本文です

3500円まで上がった時のガーラはまだ評価が定まっておらず新鮮さがあった。だから思惑相場が通用したのです。ガンホーにしろミクシィにしろ日本マイクロニクスにしろブランジスタにしろイグニスにしろ過去に大相場をやらかした銘柄は、再度大相場の再現は難しいようです。しかし、大相場を演じる素質のある素材は多分ゴロゴロしてると思うので、他のまだ手付かずの銘柄に希望を見出だした方が良いかもしれませんね。