ここから本文です

>>1074

hazamaさんのデータ整理力と文書表現の仕方は素晴らしいですね。簡潔に記載されていて大変分り易い。

そうか・・・フィリピン、インドネシア、タイも導出していたし、これらの国は当然英語版ですね。英語版は欧米と思い込んでいました。また、英語版が先ではないかと言われる理由もよく分りました。
今年度は前払広告宣伝費を用意していたからだと思いますが、英語版は売上額以上のプロモーション費用を使っています。来期は黒字を狙うのなら、そうは行かないでしょうから、英語版は欧米もロイヤリティー収入獲得に徹して導出する可能性もありますね。
ガーラが最も重視するのは日本語版でしょうから、これは絶対に失敗しないように、満を持して投入してほしいですね。