IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

「コロナが次期業績に与える影響については、現時点では数値化困難であり、本業績予想には
織り込んでおりません」

決算短信の文言に戸惑った方は多いのでは。   小生も然りで、IRに確認した。
「コロナは多大の障害。ただ当社事業展開の中では、プラス効果につながる部分も多々あるが
決算短信にはそこまでは書けなかった。決算説明会資料では、若干触れた」

ここからは私見
コロナ環境は、当社の事業展開を予想を超えて進化拡大させるのでは。
そんな予感があるからこその大幅増収増益計画。
不安が勝るのであれば、横ばい計画、減収減益計画、非開示等々でお茶をにごし、大幅減益修正の
汚名を避けたいというのが、普通の経営(目下は大半企業が該当) 
辛気臭いばかりのこの時期、気概を秘めた企業の躍進を期待をもって見守りたい。