IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

情報過多の世界

個人投資家が見るサイトの一つに「個人投資家ニュース」という
のがあるが、取り上げているニュースにはいい加減なものが多い
ね~~^^

以下、数時間前の最新版もその内の一つ。


<なぜ、海外投資家は日経平均を信用しないか>
                   2016年4月3日(日)

”(日経平均は)時価総額の比重を考慮しておらず、「値がさ株」
 (株価の高い株)の影響を受けやすいのが特徴だ。構成銘柄すべて
の値動きが均等に影響を与えるわけではない。そこで最も大きな影
響を与える銘柄がファーストリテイリングである。日経平均の騰落
に個別銘柄が与える影響力を示す「寄与度」は8%超と極めて高い。
続いてKDDI、ファナック、ソフトバンクグループの3銘柄で、それ
ぞれ4%程度。上位4銘柄の寄与度だけで全体の20%を超えている。
 
 この状況には問題がある。国外と国内の投資家で重視する指数が違
 うことだ。日経平均が市場全体の動きを反映していない歪んだ指数
 だという見方により、多くの海外投資家はTOPIXを重視する。
 しかし国内投資家の多くはいまだに日経平均の動向を注視する。
 単純に、TOPIXに対して歴史が古い日経平均に親しみがあるからだ。”


ナヌ?
”日経平均が市場全体の動きを反映していない歪んだ指数だという見方
により、多くの海外投資家はTOPIXを重視する。”  

??・・・・・ ンなアホな!!^^

まあ、誰でもが見れるヤフーチャートの「比較チャート」欄で日経平均
とTOPIXで比較してみると分るが、両市場はまるで双子のように同じ軌
跡を描いておるわさ。^^

これは日足、週足、月足で見ても変わらん。
(HYPER SBIでは相対チャートで見るとより鮮明)

情報は多すぎると碌なことはないという見本か。^^