ここから本文です

携帯は片手間にやれる事業ではないであろう。

これからは携帯および、携帯と親和性の高いフィンテック事業を中核業務とするつもりではいかな。

楽天市場は、携帯やカードユーザーのためのサービス事業の色合いを強めていき、場合によっては子会社として分離ってのもアリだな。それ以外のエトセトラ事業も同じ。

この会社に必要なのは、整理整頓や。

ただ、この会社、ゴチャゴチャが好きやからなあ。