IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

そりゃあ今の時期は、懐に先月のボーナスがあって、今年のNISAをさっそく使おうと息巻いているリーマンを、高値で嵌め込みにきているのか、ダウがクラッシュする夜明け前なのかを見極める必要は、ある。 どの道、下がる(可能性)。 株主や投資家の含み損・損切りによる損失という形で、ジャブジャブの金融緩和市場からマネーを回収。