IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

自動発注も可能に!株式トレーディングツール「MARKETSPEED(R) II」に「リアルタイムスプレッドシート(RSS)」を導入

- プログラミング不要、Excel上で思い通りに情報収集・売買・銘柄管理ができる -

2021年6月14日 16時00分

楽天証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:楠 雄治、以下「楽天証券」)は、2021年6月25日(金)夕方より、パソコン向け最先端株式トレーディングツール「MARKETSPEED(R) II」に、表計算ソフト「Microsoft Excel(以下「Excel」)※1上で市況情報や保有銘柄の損益状況など、お客様ご自身が必要な情報をリアルタイムでり込み、発注まで行える「リアルタイムスプレッドシート(以下「RSS」)」を導入することをお知らせします。本「RSS」をご活用いただくことで、プログラミング言語を使用せずに、自動売買の設定を行うことができ、思い通りのお取引を実現できる環境が整います。
今回「MARKETSPEED(R) II」に導入する「RSS」は、 株価や気配値などの市況情報やご自身の保有銘柄の損益情報、 買付可能額など、 お客様が取引に必要な情報だけを自分の好きなようにカスタマイズし、 Excel上にリアルタイムで表示させることができるもので、 「MARKETSPEED(R)」でご好評いただいています。 また、 かねてより多くのお客様からいただいていた、 発注まで可能な「RSS」追加のご要望にお応えし、 「MARKETSPEED(R) II」の「RSS」には発注機能を搭載します。 これにより、 情報を見ながら、 そのままExcel上で発注することもできるほか、 「移動平均の価格差が〇円以上になったら発注」というように、 独自の取引条件を事前に設定することで、 システムトレードのような自動売買をプログラミング言語を使用せずに実現することも可能です。

取引条件の設定には、 プログラミング言語の代わりに「RSS関数」と呼ばれる「MARKETSPEED(R) II」オリジナルの関数を使います。 市況情報の取得から発注までを行えるサンプルシートを複数用意しているため、 初めてご利用いただく方でも、 銘柄コードや株数の入力、 プルダウンで注文条件の選択などを行うだけで、 簡単に自動売買の設定を行うことができます。 また、 現在「MARKETSPEED(R)」で「RSS」をご利用いただいている方も、 Excel上で設定いただいている情報をそのまま引き継いで「MARKETSPEED(R) II」の「RSS」版に変換することも可能なため、 これまでの情報収集・管理にご活用いただいていた設定に簡単に発注機能を追加して利用できるようになります。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000359.000011088.html