IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

2021年6月15日 10時00分

ニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)のMonthly Totalレポートをもとに、オンラインショッピングのサービス利用状況を発表しました。
- オンラインショッピングにおいて、 トータルデジタルでの月間視聴者数は楽天市場が最も多く5,370万人

- 性年代別のリーチで女性ではどの年代でも楽天市場のリーチが最も高かったのに対し、 男性の18-34歳ではAmazonのリーチが高い

- 楽天市場のターゲットGRP(TARP)は女性35-49歳が6,040%で、 全オンラインショッピング中で最も高い

2021年4月のMonthly Totalレポートによると、 オンラインショッピングにおいて、 PCとモバイルの重複を除いたトータルデジタルで最も視聴者数(18歳以上)が多かったのは楽天市場(Rakuten Ichiba Shopping)で、 5,370万人が月に平均66回利用し、 GRPは3,282%となっていました。 次いでAmazon(5,120万人)は平均利用回数が35回で、 GRPは1,675%となっていました(図表1)。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000042.000047896.html

4755 - 楽天グループ(株) 2021年6月15日 10時00分  ニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長