IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

夜中にふと目が覚めてしまい… 暇なので?投稿


楽天の事業と株価を切り離して眺めてみたとき、

株価については、ここでも何度も指摘されているが、大きく膨らんだ信用買い残のこともあり、機関は持ち越さない?ので、とするとそれらは個人のと考えるに、株価が上がってくるとそれらの(損切り?)シャワーがいまだに?降ってくるでしょうから、株価は安定して(笑)ちっとも上がらない。(※信用買い残の多くは現価よりもかなり高い取得単価のものが多いと思われる)

この冬に、1000を切る時、900を切る時にそれぞれ急落・落差を伴い落ち込んだが、その落差には機関が一定関与してると考える。なら、レンジの切り替わってしまった今は、その岸壁をはい上がれずそうとう横這いするのではないか。大きな売り仕掛けがまた来ればさらにレンジが下に切り替わるかもしれない。(が、700台以下は、これもまた多くの方の意見通り、株を完全に保持する層により岩盤となっている価格帯で、ワンコインと揶揄されるようなそこへはさすがにもういかないでしょう(たぶん))

決算を期に、楽天の株価を追い求めるのはしばらく完全にやめようと思います。