ここから本文です

>>240

携帯キャリア事業は典型的な寡占モデルですからね
参入障壁が高く3社でなぁなぁの高止まりした顧客で利益を上げ続けるだけで
良かったのが今まで
SBもシェアを3分の1取るとこまでは必死でしたがその後は寡占モデルに
甘んじて、3社で甘い蜜を吸い続けてましたからね

通信インフラ事業で定期的に新しい会社を参入させて競争を活性化させるのは
国としての必要なことですが、イーモバイルなど今まで参入障壁に耐えきれずに
潰させすぎました、結果的にかなり長い期間この寡占状態が続いてしまっています目に見えて、国際的にも日本の通信業界の停滞が見て取れます

楽天は新技術を携えての参入、国策に近いです
相当手厚く守られると思います