ここから本文です

>>408

[東京 28日 ロイター] -
<10:56> 日経平均は横ばい圏、内需株に買い

日経平均は横ばい圏。2万0400円台半ばを推移している。為替がドル高/円安方
向に振れ、連動する形で一時2万0500円台まで上昇した。

市場からは「依然として市場参加者が少なく、材料も乏しい。米中貿易摩擦が懸念材
料なため、米中に左右されにくい内需株、特にディフェンシブの物色が目立つ。情報・通信業銘柄も強い。NEC<6701.T>、富士通<6702.T>、アンリツ<6754.T>といった5G関連のハイテク銘柄は、左右されづらい」(国内証券)との声が出ていた。