ここから本文です

考えると、従来は手が届かない種類にたいしての奏効率なのではなかったか。 とすれば、画期的ではないのかなーとは思うが。これからまだまだ、適用開発は広がるのではないか? 薬剤適用開発も期待大!